ROCK 「庄田ひろし」のブログです


by sp3006
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ストリーマー・ マツカー(グリズリー)

昨夜のスクールはストリーマー・ マツカー(グリズリー)でした。
この毛鉤もとくに難しいテクニックはいりません。但し画像のとおりウイングのハックルをケープの両端から二枚ずつ摘み二枚の表を外に見せます。フックの下巻きをして、ゲープのカーブ部分に確りリブのティペットを巻きつけます。次にリブを巻きとめたスレッドをフックのアイ部分まで巻き上げ仮止めをしておきます。

最終段階のウイングの取り付けです。ウイングは画像のとおりフックのシャンク部分に乗せる下を指で逆扱きで毟りとります。*この際ハサミの使用はあまり進めません。さあ~ウイングの取り付けです。ウイングは左右4枚を均等にフックのアイの付け根付近に確り巻きとめます。この時の注意ですがボディーの部分が極端に角張らない、ことがポイントです。簡単に言えばボディーのヘッド部分は軽く「テーパーを付ける」ということです。

ウイングを付け終わったらスレッドはヘッド部分で仮止めしておきます。次にリブとい言いましたがウイングを確りとめるティペットをウイングの毛足が「ぐちゃぐちゃ」にならないようヘッドの方向に巻きとめます。正直、この工程でプロポーションとイメージする泳ぎ方が決まってきます。とわ言ってもストリーマーの泳ぎ方なんか河川別に異なった水流の中を潜って見るわけにもいかないのでタイイングした自分を信用するほかありません。忘れていました。この画像にはフロント部分にアイ(目)とハックルが巻いてありますね~これが潜行を助けるフロントのラダーとして付けてみました。また、この毛鉤はアメリカでは1970年代には完成されていましたがタイヤー自身、泳ぎよりスタイルと小魚に似た泳ぎをイメージして製作した物と書かれていました。


a0047723_8485015.jpg
ストリーマー・ マツカー(グリズリー)

1:フック#8位のロングシャンク
2:スレッドスレッド#30-60(ブラック)
3:ウインググリズリー・
4:テイルゴールデンフェザントテール
5:ボディ-カラー・シェニエル又は
6:ハックルグリズリーのハックル
7:リ  ブ  3X位のティペット
8:セメントクリアー
by sp3006 | 2007-01-26 10:55

カバのアナタケ発見

カバのアナタケ発見です。白糠のチャロでした~
a0047723_18195972.jpg

by sp3006 | 2007-01-02 10:17 | 珍品・珍景

男の定めでしょうか

あけましておめでとうございます。
男の定めでしょうか?見てみたい。そんな思いで林道をどんどん奥へ行ってみた。林道は舗装され、なんのもんくはない。しかし上手く表現はできないが「カマボコ状態の凍った」林道をひたすら登らなければ決して引き返すことが出来ない恐怖の豊似林道だった。もちろんここは鳥獣保護区ハンティングを目的に行ったのだか… 覗きが趣味のオッサンか?2007年元日の始まりでした。狩猟が目的で行った場所が釣り場だった簡単な話じゃ~極寒のここには行けない。男の子なら00ポコが縮みあがり女の子なら何処かの締りが好くなるくらい緊張する林道だった。
a0047723_1102377.jpg

by sp3006 | 2007-01-01 14:47

2007.01.01Googie Earth

日高山脈の東側、目黒という小さな町がある。通常の年であれば1.5Mは積雪があるが今年は違っていた。07.01.01 これが証拠だ。Googie Earth の3Dと私の画像。水はエメラルド色、気温は-12℃ 冬としては暖かかった。
a0047723_1482832.jpg

by sp3006 | 2007-01-01 14:15

今年はここに行こう

今年はここに行こう
a0047723_11365446.jpg

by sp3006 | 2007-01-01 11:35
恐怖の林道を上り終点に湖がよかった。そこで
a0047723_11255946.jpg
緊張が解けロッキと立ちショん。やはりロッキも男だった。さらに見たのは一台の車が、誰しも好きなことは頭を叩かれてもやめられない。そんな族がここにもいたのだ。それにしてもカメラに収めなかったが彼らが登ってきた車に装着してあった「チェーン」には手製の切れ込みが入れてあったのだ。300M位の雪のない遊歩道を登ると凍った豊似湖が。そして氷上には数人の釣り馬鹿達が… ここで聞こえるのは風の音と自分の心臓の鼓動くらい、そして彼らの騒ぎ声だけだった。

釣りは、いいね~
by sp3006 | 2007-01-01 11:23