ROCK 「庄田ひろし」のブログです


by sp3006
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ニセコ町のニホンザリガニ

ニセコ町のニホンザリガニ
Cambaroides japonicus
a0047723_15531287.jpg
ニセコ町は、東経140度48分、北緯42度52分。道央の西部、後志管内のほぼ中央に位置し、東に国立公園羊蹄山(1,898m)、北に国定公園ニセコアンヌプリ(1,309m)の山岳に囲まれており波状傾斜の多い丘陵盆地を形成をしている。また、まちの中央には尻別川が流れ、これに支流の昆布川、ニセコアンベツ川、真狩川などの中小河川が流入している。

さらに、気候は内陸的な気候を呈し、平均気温は摂氏6.3度で、冬期の最深積雪は、200cmにも達する。そのため、地域の自然環境は開拓時の過剰行為とは異なり、近年はやや安定している。しかし、地域は旧型の農業基盤から観光共存と地域計画が変革期に達している。

例えば自然と言われる概要として支笏洞爺国立公園とニセコ積丹小樽海岸国定公園を合わせると、ニセコ町全体の約13.5%の面積を占めていることから、自然環境には貴重な土地であることがわかる。支笏洞爺国立公園 1,374 99,302 ・ニセコ積丹小樽海岸国定公園 1,280 19,009 【総面積(ha)】主な山岳は、ニセコアンヌプリ、昆布岳、そして「蝦夷富士」と呼ばれる羊蹄山に三方を囲まれ地域の殆どが傾斜地や丘陵地に立地している。また、河川の場合は現在、道内で6番目の流路延長を持つ尻別川が、真狩川や昆布川などの支流を集め、東西に流れている。

山岳名 標高(m) 河川名 延長(km)
羊蹄山 1,898 尻別川 125.7
ニセコアンヌプリ 1,308 真狩川 27.4
昆布岳 1,045 昆布川 24.4

森林面積
人工林 2,502
天然林 9,193
樹林地総数 11,695
無立木地 1,254(区分 面積(ha・2000年北海道林業統計)
上記のことが、一般的な地域の概要であるが、残念ながら地域の自然保護を意識した指標的な生物生態系的な環境生物調査は行われていなかったのが現状である。以上のことから生活環境上「ケアー必要とする生活環境」・地域や、広く地球温暖化を抑制する「自然環境の保護」を目的とした環境指標調査を行った。

指標とする生物
指標とする生物は現在、国内で活動する環境NGOが共通としている在来種の指標及び人的、移入不明の「外来種」の生物を探し、生活環境及び自然環境との基礎的な生物を指標とした新たなレットデータブック(地域別)の一歩を作成することから始まった。

ニホンザリガニ
Cambaroides japonicus

節足動物門(エビ綱/エビ目/ザリガニ科)

生息地:北海道全域・本州
(東北地方の一部)
棲息場所:水温の上がらない河川及び水辺
絶滅危惧II類(VU)
画像:川井唯史氏

 ニホンザリガニは日本固有のザリガニで、北海道の全域と青森・秋田・岩手と東北の一部だけに生息しているといわれています。一般的にザリガニというと、赤い固体はアメリカザリガニで、これはその名のとおり開拓時代アメリカ大陸から人為的に移入種したものです。また道内に同じくウチダザリガニが移入されたのは昭和の初期頃で、農山村業振興や新しい食料として国策として輸入・定着したものです。現在では移入種のウチダザリガニは道内の里山や山野で普通に見られています。そして、さらに子供などが採取したものが広く拡散していると見られています。このほかに日本には、2種類のアメリカ大陸産ザリガニの移入種(タンカイザリガニ-滋賀県淡海溜池・ウチダザリガニ-北海道東部)が生息しています。

 ニホンザリガニの大きさは2~9cmと小型で、体色は暗褐色です。アメリカザリガニと比べると、体形が「ずんぐりむっくり」していて、ハサミが丸く大きいという特徴があります。また、甲らの表面はなめらかで目立った突起はありません。彼らの食物となるものは、おもに「落葉した木の葉」が多く他に小昆虫などがあげられています。

 ニホンザリガニは、かつて北海道全域・東北地方の河川・池・湖に生息していましたが、20世紀までは過剰な森林開発や農地から流出するケミカル系の汚染によりその生息地の多くを奪われました。また他の移入生物や近年ささやかれている酸性雨にも弱く、絶滅の一歩を歩んでいることは隠せない事実です。

以上、2006/09/16-17 ニセコ町 *参考図面は自然保護の観点から表示をしない代替えとして「GPSで測位」したものを国土庁地理院 25000/1 世界測地系に基づく値で表示した。
A:北緯42度48分41秒,東経140度40分47秒
B:北緯42度49分53秒,東経140度40分32秒
C:北緯42度49分46秒,東経140度40分13秒

調査員:NGOエコスクール北海道(川上・岩井・庄田)
by sp3006 | 2006-09-21 15:54